ブラックの人のカードローン審査について

カードローンを申し込む際に避けて通れないのが審査です。
お金を貸す相手が信用に値する人物なのか、きちんと返済能力を持っているのかという点を見極めるのです。

専業主婦でも借りれるカードローン公式サイトにも書かれているとおり、配偶者だけが働いて収入を得ていて自分自身に収入がない専業主婦はカードローンを利用できないのでは?と思われがちですが、銀行カードローンなら可能です。
配偶者の収入から返済すればいいのですが、総量規制という規制があり、申し込みが制限されています。
消費者金融には申込んでも審査が通りませんので覚えておきましょう。

カードローン会社にとって審査は非常に大切な過程になります。
カードローン会社は申し込み書に記載された内容をもとに、さまざまな角度から審査を行います。
もっとも重要視するのが、今後月々の返済を行っていけるのかという点です。
月給や年収を見ながら返済能力を判断します。
また勤続年数や勤務形態なども考慮されます。

もう一つ絶対的な決め手となるのが個人信用情報の内容です。
この信用情報を照会して、もしもブラックリストに名前があれば審査を通る可能性は低いということになります。
そもそもブラックリストというのは、金融事故を起こした人のリストです。
何度も返済が滞ったり返済の求めに応じずにいるとブラックリストの候補になってしまいます。
さらに、自己破産などの債務処理を行った人は即ブラックリスト入りとなります。
ブラックリストに登録されると一定期間はその情報が残ります。
その間はあらたにカードローンなどの審査に通ることは厳しいです。

過去に金融事故があったということは、借りたお金を期日に返済するという基本的な約定を破ったことを意味します。
色々な事情があり返済が困難になるケースもあるでしょうが、やはり借りたお金を返さなければ信用を失うのは当然です。
ブラックリスト入りするような事態に陥らないよう、くれぐれも計画的な利用を心がけましょう。